【レビュー】Logicool G502WLはPOWERPLAY充電パッドとセットで買った方がええで

先日、LogicoolのG502RGBっていうマウスを紹介したんですが、これがマジで快適なんですよね。

www.soda8888.com

ただ、有線マウスなのが欠点だなと感じていました。

そして、無線にしたいなーと思っていたちょどよいタイミングで夏ボーナスが出たので、無線バージョンのG502WLを買いました。

f:id:soda8888:20190727193359j:plain

 

で、しばらく使ってみた感想なんですが、結論から言うとさすがに2万円の価値はないなあ、といったところです。

特に充電周りがかなり不満ですね。

 

ということで、ちょっと否定的なレビューになりますが詳しく書いていこうかと思います。

全体的な使用感は有線のG502RGBとあまり変わらない

有線から無線に変えた感想なんですが、有線・無線の違いを除くと、はっきり言ってG502RGBとG502WLの間に違いはほぼありません。

ただ無線になっただけ、という感じです。

使い勝手も変わらないので、特に問題もなくスムーズに移行できました。

 

でも強いて言うなら、マウスホイールの使用感がわずかに変わりました。

このシリーズは、マウスホイールの動きを無抵抗でクルクル周り続けるタイプとホイールの溝に合わせてガラガラ回るタイプの2段階で調整できるんですが、ガラガラ回る方がちょっと変わりましたね。

 

どちらかというと、有線のG502RGBの方が動かしやすかったです。

無線のG502WLの方はちょっと引っかかる感じがありますね。

と言っても、ほんのわずかですが。

これはマウスホイールがG502RGBはシルバーの金属製だったのに対して、G502WLは黒いプラスチック製になっているので、それが関係してるのかもしれません。

 

結局、有線から無線に変わっただけで、大した変化はないなあという感想です。

充電関連がマジでクソ。2万円の価値無し

とりあえず、基本的にはG502RGBとほぼ変わらないんですが、ただひとつ変わった点があります。

それは充電関連なんですが、もうほんとにこれが酷いなんてもんじゃない。

 

まず、G502WLは充電式マウスなので電池式と違って定期的にUSBケーブルから充電する必要があります。

しかも、電池式と比べるとかなり短い時間で充電切れになります。

僕の場合、週1で充電してる感じですね。

 

で、そのたびにマウスにUSBケーブルを接続して充電しないといけないんですが、これが割と面倒。

しかも、マウス側のUSBポートが抜き差ししにくい位置にあるので、差し込みづらくてかなり手間がかかります。

だから、充電が切れてUSBケーブルをつなぐたびに、「もうこれ有線でいいじゃん・・・」って思ってます。

そしてもう途中で面倒さが極まってしまい、常時USBケーブルをつなぐという無線マウスのメリットをぶっ壊す凶行に及びましたw

まあ、これは充電式とわかってて買った僕の落ち度でもあるんですけど(´・ω・`)

 

あと、マウスを接続してボタン割り振りなどの設定をする「G HUB」っていうPCアプリもあるんですが、これもなかなか酷いですね。

このアプリでマウスの充電率も確認できるんですが、最初に確認して90%と表示されていても、10分後には0%になってたりとかします。

まったくアテになりません。

やっぱり、常時USB接続が一番やねw

 

ちなみに、要充電の状態になるとマウス本体のLEDが赤く光って教えてくれるので、いきなり充電切れになって使えなくなったということはないはずです。

 

こんな感じで充電周りが散々なことになってますが、はっきり言って2万円の価値はありませんね。

マジで損しました。

もうこれなら8千円のG502RGBで十分です。

でも、POWERPLAY充電マウスパッドを使えばマシになるかも

ここまでボロクソに書いてきましたが、このG502WLの性能を最大限活かせる方法が一応あるといえばあるんですよね。

それは、POWERPLAY充電マウスパッドを使うことです。

G502WLはPOWERPLAYという遠隔充電の機能に対応しているため、POWERPLAY充電マウスパッドを使用することによって、USBケーブル無しで充電することができます。

POWERPLAY充電マウスパッドを使用することで常に充電されている状態となり、あのクソウザい充電から解放されます。

でも、この超優秀なPOWERPLAY充電マウスパッドにも欠点が3点ほどあります。

 

まず1点目は、サイズが超デカいということですね。

縦321mm×横344mmと、かなり大きめです。(参考:公式サイト)

15cm定規を2つ分並べたくらいの長さが縦横それぞれに対してあります。

なので、机のスペースが十分でないと置けません。

ちなみに、僕はこのせいで挫折しました。

 

もう1点目は値段がバカ高いということです。

およそ2万円ほどします。

マウス本体とほぼ同じ値段・・・

なので、G502WLと合わせて買うと約4万円になります。

 

最後の3つ目は、金属の机だと充電できない場合があるということですね。

僕は買ってないのでわかりませんが、取説のPDFにはそう書いてあります。

また、マウスパッド上に携帯電話やキーボードが置いてあってもダメらしいので注意が必要です。

 

POWERPLAY充電マウスパッドも多少は欠点がありますが、これを買えばかなり快適にG502WLを使えそうです。

充電のたびにいちいちUSBケーブルをつなぐ必要がなくなるってのはかなり大きいと思います。

 

結局、「無線マウスを快適に使うためにマウス・マウスパッドに対して4万円払えるか?」っていうのがネックになってきますね。

少なくとも僕は、そこまで出したくないですw

まとめ

感想としてはこんな感じなんですが、やっぱり損した感じですね。

POWERPLAY充電マウスパッドが無いと使い物になりません。

おとなしくG502RGBを使い続けておけば良かったです。

 

ということで、G502WLを買うならPOWERPLAY充電マウスパッドも一緒に買いましょう。

 

※本記事の内容は2019年7月時点での情報です。金額などは変わる可能性がありますのでご注意ください。