夏場のエアコンとの距離感がわからない

f:id:soda8888:20190824205856j:plain

最近暑いですね。

 

こうも暑いと、エアコンの効いた部屋から出たくなくなります。

でも、かといってエアコンを使い続けても冷房病でなんかだるくなるんですよね。

 

ということで、夏場のエアコンとの距離感についてだらだら書いていきます。

エアコンをつけてもつけなくてもだるくなる

夏は暑いからエアコンをつけたくなるというのは、ほとんどの人が納得することだと思います。

 

でも、エアコンをつけっぱなしにすると身体がなんかだるくなってきませんか。

エアコンをつけて最初は部屋が涼しくなってきて気分がいいのですが、それを続けると徐々にだるくなってきます。

涼しくて快適なんだけどだるい、そんな快適と不快が同居した奇妙な状態になってちょっともやっとします。

 

特に寝るときにエアコンをつけっぱなしにすると、翌朝身体がすこぶるだるくなります。

朝起きた直後にだるい、これは大変なことです。

朝から気分がすぐれないと、もういいやって気分になります。

 

でも逆に、身体がだるくなるからといってエアコンを使わなかったら、汗がとめどなく出るほど暑くてしんどい。

外に出たら、下手したら熱中症で死ぬんじゃないかってくらい暑い日が多々ありますが、そんなときに部屋でエアコンを使わないのは自殺行為のように思えます。

というか、多分死ぬ。

 

こんな感じで、エアコンをつけてもつけなくてもだるくなるので、最近はもうエアコンとの付き合い方がわからなくなってきています。

ただ、エアコンをつけているほうが着けていないときよりもだるくないので、結局付けていますがやっぱりなんかだるい。

 

もういっそのこと年中春か秋だったらいいのに。

ほどほどの気温が一番。

まとめ

もうだるすぎて何が書きたいのかわからなくなってきましたが、夏はエアコンとの距離感が難しいってことですね。

なんかいい感じにこの問題を解決できないだろうか。