ヤバめの仕事のミスが報道されると、自分の仕事のミスがそれほどヤバくないことに気づく

f:id:soda8888:20190930203931p:plain 

インターネットやテレビなどといった様々なメディアで、ちょいちょいヤバい仕事のミスが報道されますよね。

最近だと、空港でナイフを持った男が「これはええねん」って言ったので、ナイフを持ったまま手荷物検査を通過させてしまった問題が大きく報道されてます。

headlines.yahoo.co.jp

それにしても「これはええねん」、ってなんやねん・・・

 

これはなかなかヤバい問題だと思うんですが、僕が一番強く思っているのはもっと別のことです。

 

あれ?これと比べたら、僕が職場でやらかした仕事のミスなんて大したことなくね?

 

僕はよく(というかほぼ毎日)何かやらかして注意されたり叱られたりするんですが、そういったとき、「ああ、もうダメだ。しんどい」って思います。

割とへこむ。

そういうの気にしやすいよ。

 

でも、こういったニュースを見るとちょっと励まされます。

不謹慎だけど。

 

今回取り上げたニュースは、一歩間違えたらテロが起きたりして数百人の命に関わるような非常に危険な事件ですが、それと比較すると自分のミスが大したことではないことに気づきます。

手荷物検査で武器を持った人スルーさせるのに比べたら、資料の誤字脱字や進捗の遅れなんて屁のカッパよ。

www.soda8888.com

まあ、だからといって仕事を適当にやったらまずいですが、そこまでへこまなくてもいいんじゃないかって思いました。

絶望するほどヤバくはない。

 

もっと広い目で見てみたら、もっとヤバいことしでかしてる人がいる。

しかも、そういった事件でさえ意外と最後はなんとか収まってたりするし(上で挙げた事件はどうかわからんけど)。

そう思うと、自分が仕事でミスっても意外となんとかなるんじゃないか、って思えてちょっと楽になります。

こういった事件でさえ数か月もしたら忘れ去られるし、僕の仕事のミスなんて長くて数日くらいしか記憶に残らんでしょ。

職場でのささいなミスを何週間、何か月も引っ張ってくるようなヤツは性格悪いクソだし気にすることねえ。

 

ということで、仕事でミスしても気にしすぎないようにしたいなって思いました。

 

えっ!?資料の誤字脱字が見つかったって!?

これはええねん。

 

ちなみに、これはダメねん↓

www.soda8888.com