働く上で大事な心構え

f:id:soda8888:20191226203306p:plain

1年半も働いていると、何はともあれ働く上での心構えなんてものができてくるものでして、最近では「定時で帰れたら、いくら仕事の出来が悪くて怒られても今日は良い日」と思って働いています。
もう僕ぐらいの無能ともなると、職場に行けばだいたい毎日怒られるわけで、あっちをやったらこっちを忘れて、こっちをやったらあっちを忘れてって感じ。

ついでちゃんとやってたはずのこれも実はダメ。

もう全部ダメ。

「歩くダメ」とは俺のことだ!

自分としては限界まで気を付けてるんですけど、他人の最低限のレベルにすら遠く及びませんね。

もともと大雑把で乱雑を極めたみたいな性格なので、どれだけやってもすぐボロが出る。

二十数年一緒にやってきたこの性格が、いきなり直るわけねえって。

まあ僕としては気を付けているのですが、多くの先輩方からは「お前はもっと丁寧に仕事を~」とか「責任感が~」みたいなありがたいお言葉をしょっちゅういただきます。

こちらとしては、責任を持って自分史上最大レベルで丁寧にやっているのだがおかしいなあ・・・

自分の本質っていうのかな、なんていうかそういうものはどうやってもにじみ出てくるもんなんですねえ。

そんな感じで毎日怒られまくるもんだから、働き始めた最初はそういうのを真に受けてほぼ毎日「今日は最悪だった」って思いで家路についていましたが、もう最近は「定時で帰れたら今日は全部オッケー」だと思って帰ってます。

そんな感じなので10分前に怒られてても、会社でたら「ああー、今日は良い日だったなー。さっき怒られたけど明日は気をつけよ」みたいな感じです。

こっちも生活のために働いてるんだ、悪く思わんでくれよ。

というわけで、多少散々な目にあっても定時で帰れたならそれで帳消し。

例え社内ツールの呪縛に捕らわれようとも。

www.soda8888.com

まあ、いくらやったってダメなものはダメなんやろうし、無理して心身がぶっ壊れるまでやる必要はないて。

人の為すことに絶対完璧なんてものは存在しないって。

つまりそういうことです。

ちなみに、今日も良い日でした。

定時帰宅ヨシ!