正月病というのがあるらしい

f:id:soda8888:20200111195802p:plain

年末年始休暇が明けて1週間勤務したというところで、正月病というものがあるということを知った。

これはまあ正月の五月病のようなもので、連休明けの嫌な感覚のことを言うらしい。

www.kokumin.co.jp

www.saiseikai.or.jp

もちろん僕も例外でなく正月病に罹患してしまったのだけれども、今回のこれは思いのほか早く復帰できて、3日もせんうちに治ってしまった。

www.soda8888.com

 

でも確かに、休み明け直後は仕事に対する心の準備ができていなかったり、休みへの名残惜しさとかもあって、普段以上に調子が狂った感じがする。

しかも連休で時間が経ってしまい、今まで何の仕事をしていたか忘れてしまっているせいもあって、ただでさえ底辺を這いずり回っているような仕事の能力が、さらに地獄に堕ちたみたいになる。

で、これはどうしたものかと思っていたら、それらしい答えを見つけた。

weathernews.jp

この記事によるとどうやら行動自体に目を向けて淡々と取り組んでいけば良い、というようなことが最後の方に書かれているのだけれども、確かに今回の休み明けの僕の様子を振り返ってみてもそのような感じがする。

結局、仕事が嫌だと思うのならば、無駄なことを考えずにロボットみたいに淡々と目の前の作業をやればいいということかな。