『会話がはずむ雑談力』から雑談力を上げる3つのルールを紹介してみる

f:id:soda8888:20190413194949j:plain

こんにちは、ソーダです。

 

雑談って、得意ですか?

僕は苦手です。

 

ということで、雑談について学ぶために『会話がはずむ雑談力』という本を読んだのですが、これが結構よかったです。

特に、雑談力を上げる3つのルールという内容が一番印象的でした。

僕が普段雑談に感じている疑問や不安に、うまいこと答えを与えてくれました。

 

ということで、雑談が苦手な人に向けて、雑談力を上げる3つのルールを紹介していこうと思います。

良かったら読んでってね。

雑談は中身のない話で良い

まず、最初のルールは「雑談は中身のない会話で良い」ということです。

 

中身のない会話がどういったものなのかイメージがつかない人は、逆に中身のある会話について考えてみるとわかりやすいかと思います。

例えば、こういった会話が中身のある会話です。

  1. 報告
  2. 連絡
  3. 相談
  4. 会議
  5. 商談
  6. 面談

これらに共通することは、どれも用件があることです。

例えば、会議であれば情報の共有や意思決定などの目的があります。

 

このように、用件がある会話は中身のある会話ということになります。

 

そして逆に言えば、これといった用件が無ければ、それは雑談になります。

例えば、「今日は暑くない?」みたいな天気の会話などは、特に意味があるわけではありませんよね。

それじゃあ、何のために雑談はあるのかと思いますが、雑談の意味はこういったものです。

重要なのは、相手と言葉を交わすことで、同じ場所、同じ時間の空気を共有すること。そして、その場をほんわかと心地よくすること。会話の中身は、あくまでもそのための方便なのです。

参考:『会話がはずむ雑談力』

 

だから、雑談には中身が無くて良い、ということになります。

 

こう考えることで、雑談をするときに「相手に内容をしっかり伝えなきゃ」みたいに必要以上に緊張したりしないで良くなります。

肩の力を抜いて、気楽に雑談しましょう。

雑談に結論はいらない

続いて、2つ目のルールは「雑談に結論はいらない」ということです。

本書では、雑談に最もいらないのは結論であるとも書かれていました。

 

では、なぜ雑談に結論はいらないのかというと、結論を必要とすると、それは雑談ではなく議論になってしまうからです。

上でも書いたように、雑談は中身のない、その場をほんわかと心地よくするものです。

結論を必要とすると、その瞬間に雑談は結論を求めて戦う言葉の殴り合いになってしまい、心地よくするどころではなくなってしまいます。

 

僕自身、人と話すとどうしても結論が欲しくなって、「それ、ちょっと違わない?こっちの方が正しいと思うんだけど」みたいに議論を吹っかけてしまうことがよくあります。

そして、会話で結論を求めてしまうと、その会話は心地よいものではなく結論探しの戦いに発展してしまい、なんとなくその場の雰囲気が悪くしてしまうというような経験をよくしました。

やっぱり、雑談と議論は分けて考えることが大事ですね。

 

だから、雑談をするときは結論を求めず、なんとなくふわっと話すように心がけましょう。

キーワードは「共感」です。

相手が正しいか間違っているかよりも、相手の気持ちに共感しましょう。

雑談はサクッと切り上げる

最後のルールは「雑談はサクッと切り上げる」です。

 

僕が雑談を苦手とする理由のひとつは、「雑談の終わり方がわからないから」です。

会議みたいな中身のある会話は用件を終えてしまえば終わりで良いのですが、雑談のような中身のない会話は会話を切り上げるタイミングがわからないので苦手です。

だから、終わるタイミングがわからずダラダラと続いてしまい、最終的になんか気まずくなったりすることもよくあります。

 

でも、本書にはこう書いてあります。

とはいえ、話の切り上げ方に頭を悩ませる人も多いでしょう。ですが、難しいことはありません。話の途中であっても「それでは」「じゃあまた」とひと言で切り上げればいいのです。

参考:『会話がはずむ雑談力』

 

なるほど、雑談って簡単に切り上げていいんですね。

本書によると、雑談はあくまでもほんの少しの時間を心地よく埋めるためのもので、「場の空気づくり」が目的なんだそうです。

だから、いい感じの場の空気を作れたらいつ終わっても大丈夫、ということなんですね。

 

こんな感じで、雑談はひと言で簡単に切り上げても大丈夫です。

まとめ

以上が、雑談力を上げる3つのルールです。

 

これらのことを意識して、ちょっとでも雑談がうまくできるようになるといいですね。

僕も頑張りたいと思います。

 

 

こちらの記事もおすすめです!!

www.soda8888.com