【20時間の法則】たった20時間でスキルを習得する方法と1万時間の法則の誤解【超速スキル獲得法】

f:id:soda8888:20190310211248j:plain

こんにちは、ソーダです。

 

皆さんは、何か新しいことを始めたいと思ったことはありませんか?

 

そういった人におすすめの本があったので、紹介しようと思います。

それは、『たいていのことは20時間で習得できる』(ジョシュ・カウフマン著)という本です。

ジョシュ・カウフマン (著), 土方 奈美 (翻訳)

 

タイトルに書いてある通り、たったの20時間でスキルを習得する方法が書かれていました。

ちなみに、動画もあります。

www.youtube.com

 

ということで、本書と上記の動画から、20時間でスキルを習得するための方法を紹介します。

良かったら読んでってね。

1万時間の法則の誤解

本書でまず書かれていたことは、1万時間の法則は誤解されている、ということです。

 

1万時間の法則といえば、多くの人がどこかで聞いたことはあるかと思います。

非常に簡単な言い方をすると、「何らかのスキルを身につけたかったら、1万時間の練習をする必要がある」というものです。

ちなみに、この1万時間というのは、1日8時間の練習を年間240日するとしたら、だいたい5年分の時間に匹敵します。

 

普通に考えて、これってなかなか厳しいですよね。

スキルを身につけたかったら、5年間本気の練習をし続けないといけない、と言われてもなかなかできる人はいないと思います。

何か新しいことをしようと思ったら、5年も必要と言われたら、そもそもやる気すら起きない人も多いと思います。

 

しかし、この1万時間の法則にはある誤解があると本書には書かれています。

それは、1万時間の法則は、世界トップレベルになるために必要な練習時間を対象としているということです。

 

そして、自分が納得できるくらいのそこそこのレベルであれば、そんなに練習する必要はない、と著者は言います。

そこそこのレベルの技術を身に着けるのに必要な時間は、なんと20時間だそうです。

 

ということで、これから20時間でそこそこのスキルを身に着けるための方法について、詳しく紹介していきます。

超速スキル獲得法の4ステップ

まず、20時間のスキルを身に着けるためには、このような4つのステップがあります。

  1. 分解:スキルをできるだけ小さな「サブスキル」に分解する
  2. 学習:賢く練習できるように、また練習中に自己修正ができるように、個々のサブスキルについて十分な知識を得る
  3. 除去:練習の邪魔になる、物理的、精神的、感情的障害を取り除く
  4. 練習:特に重要なサブスキルを少なくとも20時間練習する

参考:『たいていのことは20時間で習得できる』

 

まず1個目のステップは、習得したいスキルを小さなサブスキルに分ける、ということです。

例えば、「野球をできるようにする」という目標だったら、ちょっと漠然としててわかりにくいですよね。

だから、この場合は「野球」というものをボールを打つ、ボールを取る、ボールを投げるなどのサブスキルに分解するということです。

 

2個目は、自分の行動の何が問題なのかを自分で特定できるようにすることですね。

そして、そのためには3個から5個くらいのリソース(本やDVDなどの勉強できるもの)を得ることが大事です。

 

3個目は、スキル習得の邪魔になるものを排除することなんですが、これはわかりやすいかと思います。

例えば、勉強しようと思ったのに、気づいたらゲームしてるなんてことありますよね。

だから、ゲームのようなついつい自分を誘惑してくるものを遠ざけておくことで、目の前のスキル習得に集中しましょう、ということです。

 

最後は、最低でもそのスキルを20時間以上練習する、という非常にシンプルなものです。

練習を始めた最初は、なかなか思ったようにできずにイライラすることもあるかもしれませんが、とりあえず20時間は頑張ってみましょう。

短気の僕には、ここが一番の壁になりそうw

わずか20時間でスキルを獲得するための練習の10個のルール

続いて、たったの20時間でスキルを習得するためのルールを10個ほど紹介します。

本書の言葉を借りると、「一時的に何かに夢中になる」という状態を作り出すためのルールです。

  1. 魅力的なプロジェクトを選ぶ
  2. 一時に一つのスキルにエネルギーを集中する
  3. 目標とするパフォーマンスレベルを明確にする
  4. スキルをサブスキルに分解する
  5. 重要なツールを手に入れる
  6. 練習の障害を取り除く
  7. 練習時間を確保する
  8. すぐにフィードバックが返ってくる仕組みをつくる
  9. 時計のそばで一気に練習する
  10. 量と速さを重視する

参考:『たいていのことは20時間で習得できる』

1個目は、自分が心からやりたいと思えるような目標を設定することですね。

これは、以前紹介した『人生ドラクエ化マニュアル』という本でも似たようなことが書かれていましたが、「自分自身がワクワクし、ロマンを感じ、実現したくてたまらない目標」を設定するとよさそうです。

人生をゲーム化して楽しむための3つの要素を紹介する:『人生ドラクエ化マニュアル』 - ゆるく生きる

 

2個目は、一度にひとつのことに集中するっていうシンプルなルールですね。

欲張ってはいけません、欲張った分だけひとつのスキルに割り振れる時間が減ってしまいます。

 

3個目は、目標を明確にすることです。

これは多くのビジネス書でも言われていますね。

本書では、「これで十分」と思えるレベルを簡潔に表現した文章だと書かれていました。

 

4個目は、上の4ステップでも挙げたように、スキルを細かく分解して取り組みやすくすることですね。

 

5個目は、練習に必要な道具を手に入れることです。

これは当たり前ですが、大事なことですね。

サッカーをしようとしてるのにボールがないんじゃ、話になりません。

 

6個目は、練習に集中できる環境を作るとも言えますね。

スマホなどの邪魔が入らない場所で練習に励みましょう。

 

7個目は、時間の確保です。

本書では、1日あたり最低90分の練習時間を確保することがすすめられていました。

スマホをいじる時間などをなくして、スキル習得に取り組みましょう。

 

8個目は、自分の行動の結果がすぐにわかるような仕組みを作ることです。

これは、ミハイ・チクセントミハイという心理学者が言うところの「フロー」の条件のひとつとして挙げられています。

フィードバックが早く得られることで、「フロー」という没頭状態に入りやすくなります。

ミハイ・チクセントミハイの「フロー理論」こそ、モチベーションコントロールの最適な処方箋 | 識学式リーダーシップ塾

ちなみに、詳しく知りたかったら「没頭力」という本がわかりやすくまとまってておすすめです。

吉田 尚記 (著), ヤスダ スズヒト (イラスト)

 

9個目は、時間を計って取り組むことです。

やっぱり、制限時間がないとダラダラやってしまいがちですよね。

だから、時間を区切って集中して取り組みましょう。

 

10個目は、とにかくたくさんやる、というものです。

最低限のパフォーマンスが出せるようになったら、できるだけたくさん練習するようにしましょう。

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグが言うところの、「完璧を目指すよりもまずは終わらせろ(Done is better than perfect)」ってやつですね。

ちなみに、僕は「多分動くと思うからリリースしようぜ」っていう訳の方が好きですw

最後に:とりあえず20時間頑張ろう

以上が、スキルをたった20時間という超速で身に着けるための方法です。

 

他にも、本書には効果的に学習するための10個のルールなどが紹介してあり、スキルを速攻で学びたい人にはもってこいの本でした。

また、実際に著者が20時間でスキルを習得する過程なども書いてあり、なかなか楽しく読むことができました。

 

僕はタイトルが面白そうだったのでなんとなく買ってみたんですが、読んだら何かやってみたくなってきました。

とりあえず、身近なところで何か自分が興味を持てるものを探してみます。

ブラインドタッチ(実はできないw)でも勉強しようかな。

 

以上です、読んでくれてありがとうございました。

ジョシュ・カウフマン (著), 土方 奈美 (翻訳)

 

 

こちらの記事もおすすめです!!

www.soda8888.com