【大学生】バイト経験あっても就活で有利にならないけど、バイト経験無いと不利になるよ【体験談】

f:id:soda8888:20190303193823j:plain

四六時中「働きたくないでござる」て思ってるソーダです、こんにちは。

 

就活生の人は、就活が近づくといろいろと不安になることがありますよね。

僕もいろいろと不安なことがありました。

 

例えば、学生時代にバイトしてなかった人は、「俺、バイトしてなかったけど就活ヤバそう・・・」みたいに思ってる人もいるかと思います。

僕はバイトをほとんどしてなかったので、同じようなことを思ってました。

 

ということで、今回はバイト経験がないと就活で不利になるのかってことについて書いていきます。

良かったら読んでってね。

大学生がバイトしてないと、就活で不利になる

非常に言いにくいんだけど、結論から言うと、大学生がバイトしてないと就活で不利になります。

多くの記事では「バイト経験がなくても就活で不利にはならない」って書いてあるけど、あれはとんでもない嘘っぱちです。

 

 

まず、就活では企業は結構な頻度でバイト経験について聞いてきます。

僕の経験では、6,7割の企業の面接でバイト経験について聞かれました。

なんなら、勉強のことよりもバイトのこと聞かれました。

アイツらバイト経験気にしすぎ。

 

全国大学生活協同組合連合会の調査で、大学生の7割はバイトしていると言われている通り、やはり企業側には「大学生はバイトしてて当然」という考えがあるように思えます。

そうでなかったら、あんなにバイトについて聞いてくるはずがない。

 

そして、僕はバイトを計6か月(3か月×2回)しかやってないし、どちらも「だるい」というロクでもない理由ですぐ辞めてるので、もういっそのことバイトしてないということにして就活に臨みましたが、結構しんどかったです。

 

面接で「アルバイトはしていませんでした」って言ったときの面接官の印象は、あまりいいものではありませんでした。

特に集団面接でバイトについて聞かれたときは、ほかの学生が自身のバイト経験をペラペラしゃべるのに対し、自分だけバイトの話ができないのでかなり不利になったと感じました。

 

バイト経験がないとその分話せるネタがなくなるという理由もありますが、企業に「大学生はバイトしてて当然」みたいな考えがあった場合は余計に印象が悪くなります。

もちろん、バイト経験を足切り条件にしている企業は少ないかと思いますが、バイトしてないとあまり良い印象は与えません。

少なくとも、バイト未経験が良い印象を与えることは絶対にない。

 

「バイト先の売り上げをx%向上させました」みたいな胡散臭い立派なことはしなくてもいいけど、最低限話題にされても困らない程度にバイトはやっておくべきです。

僕みたいにバイトをすぐにやめてると、辞めた理由を聞かれて詰むので、すぐにバイト辞めちゃってる人は聞かれても困らないようにバイトを辞めた理由をしっかり考えておきましょう。

バイトしていても有利にはならない

ただ、バイト経験があればそれで良いかって言うと、そうでもありません。

 

これは多くのネット記事で言われている通りですが、「大学生活ではアルバイトを頑張りました」って言っても大したアピールにはなりません。

サークルや部活動、ボランティアといったことすべてのネタに言えることですが、ただ「生活費のために頑張りました」って言っても、「あっそ、じゃあお祈りしとくわ」って企業に言われるのがオチです。

 

だから、その人の能力や考え方を示す経験が無ければ、バイト経験は武器になりません。

そういう経験が無い人は、積極的にバイト経験を話すのではなく、聞かれたら答えるくらいにとどめておきましょう。

逆に、何かちょっと変わったことをしたことがあるなら積極的に話していきましょう。

 

ということで、今までのことをまとめると、バイト経験があっても有利になることはありませんが、バイト経験がないと不利になるということです。

これは資格欄に書く普通自動車免許と似ていますね。

バイトせずに就活を乗り切る方法

でも、バイトしてなくても就活を乗り切る方法はあります。

それは、バイトしてなかった正当な理由を持つことです。

 

僕の場合は、体育会系の部活動に所属していたので、それを存分に利用しました。

具体的には、バイト経験を問われたときに、「部活動に打ち込みたかったので、アルバイトはしていませんでした」って言っていました。

そして、自己PRや学生時代に頑張ったこと(通称ガクチカ)では部活の経験を前面に押し出して、いかにも体育系ガチ勢みたいな感じで行きました。

 

こんな感じで、バイト以外にやりたいことがあって、そのためにバイトできなかったっていう理由があれば何とかなります。

ただ、この方法を使う場合は、バイトしてなかった理由として挙げたもの(僕の場合は部活)でそれなりの経験をしている必要があります。

 

例えば、「単位落とさないように勉強したかったからバイトしてなかった」って言ったら、間違いなくお祈りです。

「いや、それくらいならバイトしながらでもできるよね」って思われます。

「バイトしてなくてもしょうがない」と面接官に思わせる理由でないといけません。

勉強だったら、「大きな学会で研究報告をするため」とかでしょうか。

 

なので、バイトを多少やっといた方が就活を乗り切るのは楽です。

雑談で振られても困らない程度にバイトしときましょう。

また、それとは別にアピールできるネタを作っておくこともお忘れなく。

最後に:バイト経験は何気に大事

以上が、学生時代にバイトしてないと就活で不利になるのかってお話でした。

 

これから就活に臨む人は、なんでバイトしてなかったのかうまく答えられるようにしましょう。

また、就活まで余裕のある人はバイトを多少はしといた方がいいです。

その方が楽に済みます。

最終手段として、半年くらいやったバイトを、あたかも数年間続けてたって誇張して答えられるしねw

 

まあ、ここに書いたことがすべてじゃないし、企業によっても変わるだろうから、志望企業がどういったこと聞いてくるのかは自分でしっかりと調べといた方がいいよ。

もしバイト経験を聞いてくるようなら・・・頑張れw

 

ではでは、読んでくれてありがとうございました。

 

 

こちらの記事もおすすめです!!

www.soda8888.com

www.soda8888.com