『「勇気」の科学』を読んで、心理学的に勇気を出す方法を2つ紹介する

f:id:soda8888:20190223211401j:plain

こんにちは、ソーダです。

 

突然ですが、勇気ってありますか?

 

僕はちょっと自信がないですね。

勇気って言うと、映画の主人公みたいに積極的に困難に立ち向かってるイメージがありますが、僕は基本的に「逃げる」コマンドを連打してるような人間ですw

 

でも、映画の主人公じゃなくてもたまには勇気が必要なときってありますよね。

例えば、仕事でミスしたことを上司に報告するときとか(僕の場合はたまにじゃないけど)。

 

ということで、自分の勇気に自信がない人に向けて、『「勇気」の科学』(ロバート・ビスワス=ディーナー 著)という本を参考に、勇気の出し方を2つ紹介したいと思います。

良かったら読んでってね。

ロバート・ビスワス=ディーナー (著), 児島 修 (翻訳)

そもそも「勇気」とは何か

勇気を出す方法について紹介する前に、そもそも「勇気」とは何か考えてみましょう。

 

クリストファー・レイトという心理学者は、辞書や文献、心理学研究に見られる勇気について調査し、勇気の定義について以下の共通する要素があるということを見つけました。

  • 危険や脅威が存在すること
  • 行動の結果が確実ではないこと
  • 恐怖が存在すること
  • 右記の条件があるにもかかわらず、個人が明確な意志と意図を持って行動すること

参考:『「勇気」の科学』

 

また、これらの要素に加えて、倫理的な価値があることも勇気の条件であると著者は書いています。

 

例えば、本書では路上強盗について書かれています。

強盗をする場合、相手に反撃される可能性(脅威)があり、必ずしも金品を得られるとは限られないため(行動の結果が不確実)、少なくとも多少の恐怖を感じます。

また、強盗は個人の明確な意志があって行われることです。

でも、強盗をしたからと言って、周囲の人が「アイツはなんて勇気のある人間だ!すげえ!」なんて賞賛することはありません。

 

他にも、SNSでよく炎上してるバイトテロなんかもこれと同じような感じですね。

 

そして、以上のことを考えると勇気についてこんな定義ができます。

勇気とは、危険、不確実性、恐怖があるにもかかわらず、道義的で価値ある目的に向かっていく行動意志である

参考:『「勇気」の科学』

そして、勇気には「恐怖のコントロール」と「行動意志」といった2つの主要な要素があると著者は言います。

 

ということで、次は「恐怖をコントロールする方法」と「行動意志を高める方法」について見ていきましょう。

勇気を出す方法

続いて、勇気を出すための「恐怖をコントロールする方法」と「行動意志を高める方法」について、それぞれひとつずつ紹介します。

恐怖の対象を具体的にイメージすることで、恐怖をコントロールする

まずは恐怖をコントロールする方法について見ていきましょう。

 

この恐怖のコントロールに関して、ピーター・ラングという心理学者がある研究を行っています。

その研究とは、以下のようなものです。

  • ヘビ恐怖症の人に対して、リラックスした状態でヘビをイメージするというセッションを受けてもらう
  • このセッションを10回以上繰り返す
  • その結果、セッションを受けた人は、受けていない人と比べて実際にヘビを見た時の恐怖の程度が低くなった

この研究からわかることは、恐怖の対象をイメージすることによって恐怖をコントロールできるということです。

 

そして、著者は経験の浅い後援者や大学講師には、事前に講演会場の下見をすることを進めているそうです。

これは、会場を事前に下見することによって、自分がこれから行う講演についてイメージしやすくなるからです。

 

実は、僕もこれと同じようなことをやっています。

僕は行ったことのない場所に行くことに極端な恐怖を感じるので、初めてどこかに行くときにはその目的地までの道のりを徹底的に調べ上げます。

具体的には、グーグルマップやストリートビューなど調べることによって、目的地までの道のりなどを可能な限り具体的に調べます。

そうやって目的地までの道のりがイメージできるようになると、調べる前と比べて恐怖感が薄まったのを感じます。

 

ということで、勇気を振り絞って何かやらなければならないという場合は、これからやることについてイメージすることで、恐怖をコントロールしていきましょう。

行動するメリットに注目して、行動意志を高める

続いては行動意志を高める方法についてです。

 

行動意志を高めるためには、「獲得型思考」というものが役に立ちます。

獲得型思考というのは、簡単に説明すると「成長やメリットに着目する考え方」です。

獲得型思考をすることによって、行動の動機付けや成功率を高めることができます。

 

獲得型思考の効果については、心理学者のトーリー・ヒギンスの研究が参考になります。

この研究では、このようなことをしました。

  • 被験者に文字を使って単語を作るパズルを解かせる
  • 片方のグループ(グループA)には、「実験に参加することによって基本的な報酬を与えるが、成績がければ高い報酬を与える」と伝える
  • もう片方のグループ(グループB)には、「実験に参加することで高い報酬を与えるが、成績が悪ければ基本的な報酬しか与えない」と伝える
  • その結果、グループAの方がパズルの成績が良かった

 

そして、獲得型の思考をするためできることは、目標を設定するときに達成したら得られるものに焦点を当てることです。

本書では、目標を達成したら何が得られるか紙に書き出すことを進めています。

 

ということで、勇気を出してやりたいことがある人は、それをやることで何が得られるか書き出してみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、逆に失敗やデメリットに着目する考え方は「防御型思考」といいます。

防御型思考の人がしがちな行動について知りたい人は、「不安や恐怖を避けるためにやりがちな3つの心理学的行動とその解決法」って記事を参考にしてください。

最後に:勇気を出したい人におすすめの一冊

以上が、勇気を出す方法です。

 

このように、本書では勇気を出す方法が心理学的に紹介されています。

この記事で紹介してもの以外には、迷信を利用して勇気を出す方法がなかなか面白かったです。

 

ということで、勇気を出したいって人はぜひ読んでみてくださいね。

ロバート・ビスワス=ディーナー (著), 児島 修 (翻訳)