【レビュー】冬ボ全部使ってSurface Pro 6買ったけど、快適すぎてワロタwww

f:id:soda8888:20190113205512j:plain

引用:Microsoft公式サイト

冬ボをPCに全額ぶっこんだソーダです、こんにちは。

 

新社会人の人は、もう冬ボ使いましたか?

 

僕は使い切りました。

ええ、そりゃあもう全力で使い切りましたとも。

なんなら冬ボーナスの2倍弱の金額使ってますwww

 

ということで、僕が購入したSurface Pro 6というPCについて書いていきます。

Surface Pro 6(512GB/Intel Core i7/16GB RAM)を買ったよ

f:id:soda8888:20190113205005j:plain

冒頭でも書きましたが、僕が買ったのはSurface Pro 6というPCです。

2018年の10月あたりに発売された最新機種ですね。

ちなみに、モデルは512GB/Intel Core i7/16GB RAMです。

 

奮発したぜwww

 

ストレージはSSDだし、CPUもめちゃくちゃ高性能。

しかもメモリは16GB。

 

完全にオーバースペックですw

購入した理由

購入した理由は、ざっくり言うと前に使ってたPCに不満がたまってたってことですw

こんな不満がありました。

  • やたらとデカい(15インチ)
  • メチャクチャ重い(約2kg)
  • あらゆる処理が遅い(起動に1分以上かかる)

大きさと重さは買う前にわかってたことなのですが、やっぱり実物を前にしたら「うわあ」ってなりましたw

数値で見ただけなら、「まあ、なんとかなるやろ」って思ってたんですが、実物は想像を超えていました。

ネットで買うと、こういったデメリットがありますよね。

 

大きさや重さ以外にも不満はあって、マジで動きが遅いんですよね。

起動するのに1分くらいかかりますし、起動したと思ってもchromeとかのアプリ使おうとするとさらにまた1分くらい時間がかかります。

起動してブログ書こうと思っても2,3分はかかる感じですね。

 

ということで、こういった問題を解決するために次に買うPCを探してたら、ちょうどいいタイミングでSurface Pro 6が発売されました。

パッと見た感じ、Surface Pro 6なら上に書いたような問題もなさそうだし、ちょうどいいなって感じました。

 

それに、タブレットみたいな使い方もできるしいろいろ便利かな、とも思いました。

実家に帰るときには、いつも暇つぶし用のAndroidタブレット持ってくんですが、それの代わりになりそうなのでいい感じそうです。

 

ちなみに、なんでそこまでオーバースペックものを選んだのかというと、大は小を兼ねる的な思想ですw

何かしようと思ったときに、PCのスペックのせいで制限されるのってなんか嫌だし。

あと、満足できるPCを買っとけば、ブログとかの作業をするモチベーションにもなりそう。

1日使ってみた感想

良かったところ

で、昨日届いたから今日1日使ってみたんですが、正直メッチャいい感じです。

 

サイズ感も、小さすぎずデカすぎず絶妙なサイズ(12.3インチ)だし、重さも前のPCと比べたらだいぶ軽くなりました(タイプカバー入れても1kg前後)。

 

あとなによりも、あらゆる動作がサクサクなのが感動的!!

起動とか電源ボタン押したら数秒で動くもん、マジであっという間だよ。

さすがSSD、恐るべし。

 

会社のPCはSSDなのでSSDの性能はよく知っているんですが、実際に自分のPCもあの速さを実現してしまったとなると感慨深いです。

なんか謎の達成感がありますw

 

おまけに解像度もいいから、画面がきれい。

調べたら解像度は2736 x 1824らしい。

映画とか観るのにも向いてるかも。

 

いやー、冬ボ全額(と貯金の大半も)ぶっこんだ甲斐があったぜwww

 

あ、ちなみに金額は本体のみで242,784円でした。

※購入時の金額なので、変動があるかもしれません

悪かったところ

あと、使っていて気になるところもいくつかあったので、それについても書いていきます。

箇条書きでまとめるとこんな感じ。

  • タイプカバーは英語版と日本語版があって間違えると大変
  • ブラックのSignatureタイプカバーがない(これから増えるかも)
  • タイプカバーの反応が悪い(僕の打ち方が良くないだけかも)
  • USB接続端子が1個しかなくてちょっと不便

今のところこんな感じです。

ほとんどタイプカバーの問題でワロタwww

 

とりあえず、ひとつずつ詳しく書いていきます。

タイプカバーは英語版と日本語版があって間違えると大変

f:id:soda8888:20190113205149j:plain

まず、タイプカバーには英語版と日本語版があって、どっちでも使えるっちゃ使えるんですが、英語版だとちょっとタイピングがだるいです。

僕は間違って最初に英語版買っちゃったんですが、下のようなことがめんどくさかったです。

  • 無変換キーが無い
  • エンターキーが小さい
  • 半角/全角キーが無い(` + altで代用)
  • キーの位置が違うものがいくつかある

僕みたいに間違えないように気を付けてくださいね。

ブラックはSignatureタイプカバーがない

次は、ブラックのSignatureのタイプカバーが無いってことなんですが、これはブラック以外を買えば解決するので、買いたい人はブラック以外で検討してください。

僕は本体とカラーを合わせたかったのでブラックにしました。

タイプカバーの反応が悪い

3つ目はタイプカバーの反応が悪いってことなんですが、もしかしたらこれは僕のタイピングが良くないだけかもしれないので要検証です。

実際、この記事書いてるうちに慣れてきた気がしますw

USB接続端子が1個しかなくてちょっと不便

最後は、USB端子が1個しかないってことですね。

これが今のところ一番デカい欠点です。

 

僕は有線マウスを使ているので、マウスを接続したらほかのものが使えなくなりました。

例えば、データを前のPCから移すのにUSBメモリを使ったんですが、そのときはマウスを外さないといけませんでした。

でも、これはUSBハブを買えば解決するので、そこまで重大な問題でもない気がします。

 

ただ、公式のハブ(Surface Dock)はちょっと高すぎる(約25,000円)。

まあ、いろいろついてて便利そうなんだけどね。

最後に:超使いやすい

いろいろ書いてきましたが、結論としては買ってよかったと思ってます。

欠点も解決法があるから、そこまで気にしなくてもよさそうです。

 

そして、欠点以上に使いやすさが圧倒的に上回ってます。

一番のポイントはSSDの速さだね。

もう1回SSD使ったらHDDには戻れないわ、マジで。

 

あと、サイズや重さもなかなかいい感じです。

机の上がきれいになったし、片づけたりするのも楽になりました。

 

以上がSurface Pro 6を1日使った感想です。

今のところそこまで不便してませんが、使っているうちにいろいろ思うところが出てくるかもしれません。

しばらく使ったらまたしっかりとレビューしようかと思います。